慰謝料の増額は交通事故専門の弁護士に相談

  • 慰謝料の交渉をスムーズにしたいなら交通事故弁護士に

    • 交通事故の被害者になった場合、慰謝料を含めた賠償金を加害者に請求をする事が出来ます。

      慰謝料とは交通事故によって生まれた精神的な苦痛に対して払われる金銭です。



      だから幾らでも請求をすることが出来るかもしれませんが、同時に、それが相手に認められるとは別の話と考えなければなりません。



      ちょっとした擦り傷だけでも、一億円等と言えますが、相手が支払ってくれるかどうかは別の話と言えるでしょう。


      もちろん、認められなければ支払って貰う事は出来ません。



      加害者と被害者で慰謝料についてどれだけの金額ならば双方納得出来るのかを考えた場合には、示談交渉をする事になります。その場合、相手は保険会社の担当者になるでしょう。



      その場合、相手は法律のプロであり、無数の交通事故の示談を成立して来た人間ですから、あらゆる方法によって慰謝料等を安くしようとします。


      もう納得をしなければならないかなと考える所まで追い詰められる可能性もありますが、諦める必要は無いでしょう。しかし保険会社の担当者と正面からやりあうのは、きちんとした法律についての知識が無ければなりません。



      そんな時には本当の法律のプロである弁護士に相談をするのが一番と言えます。

      保険会社の人間も確かに法律のプロではありますが、弁護士には負けてしまいます。



      弁護士が出て来たならば、会社の利益ばかりを考えられなくなりますし、最終的には、弁護士の言う値段で交渉を有利に運ぶことが出来るでしょう。

  • 関連リンク

    • 交通事故の慰謝料は精神的な損害に対する賠償ですから、決まった算出方法というものはなく、最終的には裁判官の自由裁量にゆだねられることになります。裁判官は具体的な金額を定めるにあたっては、様々な事情を考慮に入れてきめますが、どのような事情が考慮に入れられるかは、被害者の苦痛、財産状態、身分、職業、年齢、その時の状況、つまりその交通事故がどのようなものであったのか、などが挙げられます。...

    • 交通事故を起こしてしまったことにより被害者が入院してしまった時には、加害者に対して慰謝料を請求することが出来ます。そこで交通事故発生時における慰謝料請求の仕組みについて、一般的にはどのようになっているかをみていきます。...